美肌になるための豆知識を紹介します!

「せっけん」と「合成洗剤」のちがいとは?

 

洗顔する際に一般によく使われているのが、クレンジングとせっけんですよね。

 

せっけんの種類は合成洗剤と、純せっけんの2種類があります。

 

洗顔フォームからはじまって台所洗剤も洗濯用洗剤もほとんどは合成洗剤で、太古の昔からあるのが純せっけん、あるいは無添加せっけんといわれているものです。

 

合成洗剤の純せっけんも水と油を混ぜることができる界面活性効果を利用して、汚れを落としていきます。

 

合成洗剤はもともと自然界には存在しません。

 

合成洗剤は化学的に合成された界面活性剤なのです。

 

いっぽう純せっけんはオリーブ油やヤシ油、パーム油などの植物性の油や、牛脂などの勣物の脂をペースに、苛性ソーダなどを加えることで、界面活性作用をもたせています。

 

純せっけんはこのように自然界にある原料からつくられているわけです。

 

純せっけんはたまたま発明されたものだと思います。

 

肉を焼いていて、その脂が灰と混じってできたものに水をつけて洗ったら泡が出てきて、手の脂汚れが落ちた、これは便利だから使おう、などといったところではないでしょうか。

 

純せっけんの洗浄力は合成洗剤とくらべて同等かややまさっています。

 

では、肌への負担はどうでしょう。

 

合成洗剤で洗顔した場合は、ほんの少しとはいえ、毛穴や皮膚に洗剤が吸着し、角層を破壊します。

 

それらは分解されにくく、皮膚の内部にも容易に浸入します。

 

合成洗剤は、ヒトの細胞やウニの卵、魚などに対するさまざまな実験によって、高い毒性が証明されています。

 

それとは対照的に純せっけんの場合は、皮膚に残りにくく、分解されやすいので毒性が少ないことが特徴といわれています。

 

その昔は、洗濯せっけんが純せっけんの代表選手でした。

 

若い方はおそらくご存知ないでしょうが、洗濯せっけんで手を洗うと、肌がガサガサになったものです。

 

また泡立ちも悪かった。

 

これは洗浄力が強く不純物が多かっかためです。

 

今の純せっけんは純度が高くなっているので、肌にやさしくなり、泡立ちもとてもよくなりました。

 

とはいえ、洗浄力が強いので使用は必要最小隕にとどめます。

 

ちなみに合成洗剤は、どんなにすすいでも皮膚に残るといわれています。

 

たとえば電子機器などミクロの配線板などの精密機械の汚れを洗う場面では、普通は純せっけんが使われます。

 

合成洗剤で洗うと、不都合な膜ができて、それは水で洗っても落とせないからだといいます。

 

肌にやさしいのは弱酸性?

 

洗浄力もあり、安全でもある純せっけんにも、大きな弱点がありました。

 

他の成分を混ぜたり、弱酸性にしたりすると、洗浄力が格段に落ちてしまうのです。

 

たとえば、かつての純せっけんに香りや保湿成分を加えたものが、化粧せっけんです。

 

香りが良かったり、洗顔後も肌がしっとりしたりしますが、他の成分を混ぜているため、洗浄力は落ちてしまいます。

 

このように、化粧せっけんは洗浄力か弱いので、そこで、クレンジングが必要になったのです。

 

実際には、ファンデーンヨンは純せっけんだけで落とせるのですが。

 

また、純せっけんを弱酸性にすると、せっけんカスが出てしまいます。

 

つまり、純せっけんは無添加のままでないと、商品にならないという弱点があったのです。

 

この反対に、合成洗剤は混ぜ物をしても洗浄力が落ちるということがないんです。

 

そこで、油脂やグリセリンなどの色々なものを混ぜ合わせることができるんです。

 

それらのものを混ぜ合わせることによって、洗顔後の乾燥感をまぎらわすことが可能になり、使用感もよく、あたかも保湿効果がある風に錯覚させられているんです。

 

合成洗剤なら弱酸性せっけんをつくることもできます。

 

肌か弱酸性に保たれているのは、おもに常在菌のおかげです。

 

そして、肌が弱酸性に保たれているために、肌はカビや酵母菌、雑菌などの菌から守られているというわけです。

 

ところが、純せっけんはアルカリ性ですから、これで顔を洗えば当然、アルカリに傾いてしまいます。

 

そこで、洗顔後も肌を弱酸性に保つせっけんがいいのでは? という単純な発想で生まれたのが、弱酸性のせっけんです。

 

なかなか説得力があります。

 

ところが弱酸性のせっけんは合成洗剤ですから、肌のバリアをこわして、肌を乾燥させやすいという致命的な弱点があります。

 

長期間使用すると角層のタンパク質も変性させることがあります。決して肌にやさしいとはいえません。

 

しかも、他の化粧品同様、中に防腐剤が入っているので、肌を弱酸性に保ってくれている常在菌まで殺してしまうため、長期間使っていると、肌はかえってアルカリ性に傾いてしまう傾向があります。

 

弱酸性に保つために弱酸性のせっけんを使って、肌がアルカリ性になっては意味がありません。

 

ここで純石鹸に話を戻します。純せっけんはアルカリ性だとしても、洗顔の直後にこそ肌はアルカリ性に傾いてしまいますが、常在菌などの働きによって数分後にはちゃんと弱酸性にもどります。

 

ですから、弱酸性のせっけんなどわざわざ使う必要はないのです。

 

肌にやさしい弱酸性、などというあまり意味のない売り文句に惑わされないようにしましょう。

 

化粧せっけんの大罪

 

その昔、純せっけんで顔を洗うと、肌がガサガサになったものです。

 

そこで、化粧品会社は、もう少し肌にやさしいものをつくろうと、純せっけんにグリセリンや香料、油脂などを混ぜました。

 

たしかに洗ったあとの肌にしっとりとした感触が残りました。これがいわゆる化粧せっけんです。

 

ところが、純せっけんは他の成分を混ぜると、洗浄力が落ちるのが、最大の弱点です。

 

そのような添加物のために、洗浄力がひどく低下してしまい、ファンデーションなどが落ちにくくなってしまったのです。

 

そこででてきたのが、クレンジングです。これはよく落ちます。当然です。界面活性剤が大量に混ぜてあるのですから、ファンデーションなどひと拭きでつるんと全部落ちてしまいます。

 

純せっけんに余計な添加物を配合すると、洗浄力が悪くなることがわかった時点で、ファンデーションなどの化粧品は純せっけんで落とすことに決めるべきだったと思います。

 

そうすれば、女性の乾燥肌や敏感肌は、今よりもっと少なかったと思います。

 

化粧せっけんだけでは化粧はロクに落ちないから、クレンジングと抱きあわせで売れていきます。

 

こうしてクレンジングは90パーセント以上の女性が使うようになり、化粧品会社はハツピーかもしれませんが、使う女性にとっては受難の習慣となりました。

 

しかし、最近はまた、ドラッグストアやオーガニックショップなどで純せっけんのコーナーをよく目にするようになってきました。

 

今の純せっけんは泡立ちがよく、使いやすいことも人気の一因でしょう。

 

でも、それだけでなく、ひょっとしたら、スキンケアに対する人々の考え方が、今、少しずつ変化の時を迎えているのかもしれませんね。

 

化粧品のせいで乾燥肌になる

 

乾燥肌の治療法や薬を研究するために、研究者は、重症の乾燥肌をわざとつくって、それに、いろいろな薬をつけて治療効果を調べることがあります。

 

乾燥肌を簡単、かつ確実につくるのに、よく使われる方法がふたつあります。

 

ひとつはテープストリッピング法です。

 

なるべく粘着性の強いセロファンテープを皮膚に貼ってばはがし、貼ってばはがしをくりかえす方法で、狭い範囲の乾燥肌をつくるときにもちいられます。

 

保湿とバリアの機能がもっとも高い、皮膚のいちばん外側の角層の細胞をはがしとることで、確実に乾燥肌が完成するのです。

 

もうひとつは、脂をよくとかすシンナーやトルエンなどで皮膚を数回こすり、細胞間脂質をとかしだす方法です。

 

広い範囲の、重症な乾燥肌をつくることができます。

 

いずれの方法でも、1回の操作で乾燥肌ができあがるのです。

 

スクラブ洗顔や垢擦りといった皮膚をこする行為は、テープストリッピングと同等か、それ以上に角質細胞をこすりおとすことになります。

 

1回やるだけで乾燥肌になるのは必至です。

 

クレンジングの多量の界面活性剤は、脂を強力にとかします。

 

これで皮膚の汚れを拭きとることは、シンナーやトルエンを使って実験的な乾燥肌をつくるのとまったく同じことです。

 

1回でも乾燥肌になる行為を、毎日続けているのですから、肌はたまったものではありません。

 

酷い乾燥肌になってしまい、バリアはボロボロの状態になっているのですから、敏感肌になるのは決定的です。

 

このことを考えるたびに私は、女性たちに、すぐにクレンジングをやめていただきたいと思います。

 

毎日のようにクレンジングで化粧を落としているという行為は、肌の健康について真面目に考えているのであれば、ありえないことです。

 

クレンジングは間違いなく肌に有害ですので、クレンジング後は必ず洗顔フォームやせっけんで洗顔しなければなりません。

 

毎日クレンジングするということは、細胞間脂質を毎日とかしつづけるということです。

 

すると、洗顔した後は間違いなく、肌がとてもつっぱってしまう酷い乾燥肌になってしまいます。

 

したがって、洗顔後は保湿用と称されクリーム、美容液などをつけずにはいられなくなるのです。

 

クリームもバリアをこわしますから、ますます乾燥肌はひどくなります。

 

洗顔後のつっぱり感を感じさせないように、肌が完全に乾くまえにクリームで水分を封じこめましょう、などというまったくばかげたスキンケア方法まで出てきます。

 

試しに、洗顔後、タオルで拭くときに、水分を少し残してみてください。

 

皮膚の水分は完全に拭きとらないと、気持ちが悪いものです。

 

それが、皮膚を守るためにそなわっている本能です。

 

水分を残しておくと、皮膚のバリアがこわれるからです。

 

水分を封じこめるほうがよいなどというスキンケア理論は、皮膚にとっては、乾燥肌をつくるためのケアでしかありません。

 

バリアがさらに完全にこわれた状態が敏感肌です。

 

日本女性の4人に3人は乾燥肌で、3人に1人は敏感肌というのも、当たり前です。

 

乾燥肌や敏感肌の女性が増えれば、保湿をうたったものや、敏感肌用の化粧品などの売り上げも増えるでしょう。

 

使うひとの皮膚の健康など全く考えもせずに、商品が売れさえすればそれでよいというようなマッチポンプ商売をしていることをわかっていながら、それでもなお販売し続けているのではないかとさえ思ってしまいます。

 

化粧品とは無関係な会社が、次々と化粧品を売り出して、それなりの売り上げを上げていると聞いています。

 

化粧品は何十年も使いつづけるものです。

 

化粧品会社は、安全性を真剣に考え、長期の使用弊害について確認する体制をつくる必要があると思います。

 

肌の自己回復力を信じる

 

肌のトラブルで悩んでいて、それを早く治したい人やいつまでもキレイな肌を保ちたいという人は、肌のバリアを破壊する化粧品の使用を辞めることが大切です。

 

そして、保湿に力を入れることをするよりも、肌のバリア機能にダメージを与えないことに注意して、肌本来のもつ治癒力、つまり自己回復力に任せてください。

 

そうすることで、ひとりひとりが生まれながらに持っている、肌が健康に健康に美しくなろうとする力を発揮することができます。

 

つまり、女性にとっての最高の肌の状態ををキープし続けることができるようになるんです。

 

それによって80歳をすぎても、マシュマロのようなふわふわの肌を維持できるのです。

 

肌のもつ自己回復力を最大限発揮させることこそ、長期的にもっとも効果的なスキンケアとなります。

 

肌にとって毒や刺激になるもの、あるいは、保護のしすぎによって害になる可能性のあるものをすべて排した、スキンケア法がおすすめです。

 

バリアをこわしたり、自家保湿因子に余計な不純物を加えずにすみ、したがって、肌本来の力を最大限に発揮させることのできる肌の健康維持法にほかなりません。

 

つけない、こすらない、洗いすぎない、の3つが基本になります。

 

この基本にもとづいて、スキンケアのためのクリーム、パックなどはいっさい必要ありませんし、化粧品もファンデーション・コンシーラー・化粧下地といったベースメイクのための化粧品は使わないようにします。

 

毎日おこなうのは、肌を極力こすらないですむ洗顔と化粧水だけです。

 

ただし、例外もあります。

 

肌の乾燥が激しいときなどには、ワセリンをつけます。

 

いずれかならず、ふっくらとしたきれいな肌に変わりますが、はしめたぽかりで素肌に自信がもてないようなら、その時期だけ、パウダリーファンデーションを使ってもかまいません。

 

これほどお金も、手間も、時間もかからないスキンケア法は他にないでしょう。

 

それでいて、肌が少しずつふっくらしてきて、ひどかった乾燥も徐々に解消していくのです。

 

余計なケアを全部除外したスキンケアは、たくさんのモノに囲まれた一般的な暮らしとは正反対に位置しています。

 

極力無駄を省いたシンプルで欲張らない生き方にも通じるのではないでしょうか。

 

その心地よさを肌と心が知ったら、もはや化粧品を肌につける気は起こらなくなるでしょう。