肌のでこぼこを治してキレイなお肌を手に入れる!

ベースメイクで肌がボロボロに

ファンデーションは肌にペンキを塗るようなもの

 

肌をつややかにみせ、シミやくすみや色ムラまでカバーするファンデーション。ところが、肌をきれいにみせるためのそのファンデーションも種類によっては、肌をひどく傷めることになります。

 

ご存知のように、ファンデーションは形態的には大きく3つのタイプに分けることができます。

 

@クリームとリキッド、A練り・固形、そしてBパウダリーです。

 

練り・固形夕イプと、一部のパウダリータイプは固めてコンパクトに入れられています。

 

指で触ってみると、クリームやリキッドタイプはしっとりしているのに対して、パウダリータイプはさらっとした感触です。

 

クリームとリキッドのタイプはほとんどが成分に界面活性剤が使われていてます。界面活性剤は油分と水分を混ぜて作られます。

 

練り・固形のタイプのファンデーションは油脂などが使用われています。

 

そして、それらのタイプのファンデーションにくらべて油分や界面活性剤が大幅にカットされているか、または含まれていないタイプがパウダリーです。

 

クリームタイプもリキッドタイプも本来は、肌がこわれてしまっていたり、キメがまったくなくなってしまった人が使用するタイプのファンデーションなんです。

 

肌のキメがなくなってしまうと、練り・固形やパウダリーのタイプではスグに化粧くずれしてしまい、見るも無残な姿になってしまいます。

 

でも、ペンキかドーランのように、クリームという「接着剤」に粉を混ぜれば、皮膚にぬりっけることができます。

 

これが、クリームやリキッドのファンデーションです。

 

肌に毎日、ペンキをぬっているのと同じですから、肌の健康が守れるわけがありません。

 

界面活性剤は肌にある2種類の自家保湿因子である水溶性の天然保湿因子と脂溶性の細胞間脂質の両方をとかしてしまい、肌のバリア機能を破壊し、加えて肌を急速に乾燥させてしまいます。

 

さらに悪いことに、ファンデーションの中の油分が細胞間脂質に貼りついてしまうんです。

 

クリームやリキッドは細胞間脂質にピッタリと貼りつくことで、顔料を肌に定着させているんです。

 

肌に悪いとこはまだあります。油や界面活性剤が毛穴から皮膚内に入りこんでしまうことです。

 

ファンデーションは肌にとって異物なので、肌は拒否反応を起こします。つまり炎症を起こしてしまうのです。

 

しかも、ファンデーションを肌に塗るときには、かならずと言っていいほど肌をこすらなければなりません。

 

ファンデーションによる炎症と、こすることによる刺激は、メラニンを増やしたり、シミやくすみなどの肌トラブルの原因となります。

 

クリームやリキッドのファンデーションをすっと使い続けてしまうと、シミが増えたり、くすみがひどくなったりしてしまいます。

 

するとそれらの肌トラブルをカバーするために、さらにその種類のファンデーションが手放せなくなります。

 

ちなみに、パウダリーファンデーションの肌への刺激やダメージは、クリームやリキッドのタイプのファンデーションよりかなり小さくてすみます。

 

ファンデーションをつけるなら、なるべくパウダリータイプを、それも最小限つけることが重要です。

 

 

コンシーラー・コントロールカラーもペンキのようなもの

 

シミやポチッとしたニキビを隠すためのコンシーラーは、肌にとって基本的にはリキッドファンデーションと同じ種類なんです。

 

リキッドファンデーションとクリームファンデーションは、肌にシミをつくる大きな原因になります。さらに、シミができてしまっている部分はほんの小さな刺激だとしても、すぐにメラニンが増えてしまいます。

 

つまり、シミの上にリキッドファンデーションと同じ種類であるコンシーラーを塗ってしまうと、気になるシミはますます濃くなっていくのです。

 

肌色をきれいにみせるコントロールカラーや、ファンデーションのつきをよくする化粧下地なども、リキッドファンデーションの別バージョンみたいなもの。

 

肌にダメージを与えてしまうそのようなタイプのものをつければつけるほど、肌に、さらに大きなダメージを与えることになります。

 

ファンデーションをどうしてもつけたいという人でも、自分の肌の健康やその美しさを求めるのであれば、せめてコンシーラーやコントロールカラー、などは使用せずにパウダータイプのファンデーションのみにするべきです。

 

 

理想は「しっとり」ではなく「サラサラ」

 

肌の表面の角質細胞が1個はがれ落ちると、それが引き金となり基底層で新しい細胞かひとつ生まれるようになっています。

 

しかし、クリームなどを大量につけてしまって肌の表面をべタベタにしてしまっていると、角質細胞は極端にはがれにくくなってしまい、基底層で新しい細胞が生まれにくくなるという良くない環境になってしまいます。

 

さらに、角質細胞がはがれにくくなっているということは、必然時に角層が厚くなってしまうということです。

 

そのいっぽうで、表皮は基底層からの新しい細胞が補充されなくなることにより薄くなってしまい、その影響で、最悪のパターンとしては真皮まで薄くなってしまう事態になります。

 

角層が厚くなれば、肌はくすんでみえますし、皮膚全体が薄くなれば、皮膚の下の血管や筋肉が透けやすくなるために顔色が悪くなったり、色ムラも生じます。

 

またそれと連動して、小ジワもできやすくなります。

 

これとは反対に皮膚に何もつけずにいると、皮膚の表面の角質細胞が自然にはがれ落ちて、基底層でも次々に新しい細胞が生まれ、表皮細胞はふっくら厚くなって、キメも整います。

 

今の女性は、健康な肌がどういうものかまったくわかっていないようで、少しさらさら、かさかさすると、すぐに肌が乾燥していると思いこんで、クリームなどをつけたがる傾向があるのは、痛ましいことです。

 

もう一度いいます。理想の肌は「しっとり」ではなく、「さらさら」なのです。そして、さらさらに保つためにも、何もつけないことが重要になります。